シングルサインオン導入でパスワード管理から解放されよう!

OSSが持つ様々なメリットとは

ガッツポーズの男性

OSS(オープンソースソフトウェア)には、それを導入し自社ソフトウェアを作り上げた企業に様々な恩恵をもたらしてくれます。何より大きなメリットは、やはりコストを大幅に軽減出来るという一点でしょう。一般に各企業が経営にマッチしたソフトウェアを一から開発する際、開発元にソースコード開示を依頼しなければならず、その際高額なライセンス料が発生してしまうというデメリットがあります。ですがOSSなら最初からソースコードが開示されている上に何度でも再配布が可能となっており、基本的に無料で好きなようにカスタマイズする事が出来るのです。
OSSのメリットはそれだけではありません。ベースからソースコードが開示されている事により自社内でのメンテナンスを完璧に行き届かせる事が出来ます。不正プログラムの排除や脆弱性の改善を始め、ソフトウェアの改善・改良を他者に依らず重ねてゆく事が出来るのです。またサポート打ち切りを始め、開発元の事情を考慮しながら運用するというストレスや負担から解放されるのも大きな魅力です。長期間に渡る安定したソフトフェア運用を実現するのに最適と言えるでしょう。
またOSSは元々存在していたシステムとの連携やプラグイン等の開発・改善が極めて容易という特徴もあります。OSS自体、国際標準規格のプロトコルやAPIを備えており、他システムとの柔軟な連携を可能にしています。また必要に応じて全開示されたソースコードを自由に改良し、連携の綿密化・スピード化を図る事も可能です。全開示されたソースコードは開発元において秘匿された部分が何も無く、ソフトウェア開発上で生じるバグの特定を確実に行えるという魅力もあります。コードに詳しい人材がいれば自社内で完結出来る一方、第三者にも依頼出来る等、自由な選択が可能です。

Pick Up

»More Contents

Post List

TOP